19年ラグビーW杯の日本代表8強入りに貢献、7人制で行われる東京五輪を目標に据えていたWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=が14日、オンラインで会見を行い、7人制日本代表の引退を表明。将来の目標に掲げていた医師の道に進む。福岡はパナソニックとの契約を来季まで残しており、来季のトップリーグ(TL)には出場する。

 福岡は会見の冒頭で五輪出場を断念した思いを語った。「自分の中で後悔をしない人生をしたい思いが1番強かったです。アスリートとしてこの道に挑戦することを決めてから引退することを考えていました。今回も自分の中でこの選択が1番スッキリと受け入れられるものでした」と落ち着いた表情で語った。

 これまで19年W杯、20年東京五輪という、自国開催の国際舞台2大会を経て、TLに参戦したのちに引退、医師の道に進むことを明言していた。東京五輪が1年延期になったことで「(引退を)簡単に後にずらすことはできませんでした。一度決めたことを貫きたいということでこの選択になりました」と決断に至った思いを語った。

 今後については「ラグビー選手としての引退というわけではありません。次のトップリーグではパナソニックの選手としてやることを目標としています」と当初の予定通りTLには参戦する方針を明かした。

 新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間中は「いつも以上に勉強に時間をあてることができた」という。今後は「7人制の合宿に参加していた時間を勉強に充てることができれば両立できると考えています」とTLに向けての準備と並行して勉強も進めていく。

 また、TLの開催時期がまだ決定していないこともあり、明確な引退時期に関しては「ラグビー選手としての引退のタイミングについてはそのときになったら自分の方から発信したいと思います」と明言は避けた。