サッカーフランス1部リーグ、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWエディンソン・カバーニ(33)とDFチアゴ・シウバ(35)の退団が決まったと13日(日本時間14日)、英スポーツ専門局スカイスポーツ(電子版)など、複数のメディアが伝えた。

 同サイトによると、PSGのスポーツディレクター、レオナルド氏が今月末に契約満了を迎えるウルグアイ代表のカバーニとブラジル代表のシウバについて仏紙「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」で「非常に難しい決断だった。2人はクラブの歴史に大きなインパクトを残した選手だった」と称賛の言葉を送り、「素晴らしい旅だった。しかし、私たちとの関係は終わりに近づいている」と2人の今季限りの退団を認めたという。

 フランスリーグは新型コロナウイルス感染拡大のため、すでにシーズン打ち切りを決定。カバーニとシウバは現在再開に向けて協議されている欧州チャンピオンズリーグが終了する8月末までプレーするという。