久保建英が所属するマジョルカは、6月13日に迫ったバルセロナとのラ・リーガ再開マッチ(第28節)に向けて、最終調整を続けている。

 そんななか、日々トレーニングの模様を公開しているマジョルカの公式YouTubeが現地時間10日、久保の超絶テクニックを配信した。

 コーナーフラッグ付近で数回ボールタッチをした日本代表MFは、右足でキックすると思いきや、なんとその右足の後ろに左足を通して、“ラボーナ”を披露。角度のないところから放たれたシュートは、見事にゴールマウスに吸い込まれた。

「バルサ戦でラボーナ披露?」というタイトルで投稿されたこの動画には、ファンから次のようなコメントが寄せられている。

「なんか貫禄がすごい」
「天才かよ」
「バルサ戦楽しみ!」
「なんかやってくれそうな雰囲気がプンプンしてる!」
「身体ゴツすぎっすよ!」
「俺の知ってるラボーナの飛距離ちゃう」
「何気ない場面でとんでもないテクニック披露する選手ってすごい奴らばっか」
「これはスゴ技集とかに載るやつや」
「めっちゃうまい」
「なんでラボーナがこんな飛ぶねん」

 前回のバルサ戦では、2-5で敗れたとはいえ、あのリオネル・メッシに股抜きをするなど敵地カンプ・ノウのファンを驚かせた久保。かつて下部組織に所属した古巣との再戦で、また驚きのプレーを見せてくれるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「スゴ技集とかに載るやつや」久保建英が披露した衝撃の“ラボーナ弾”はこちら!