大阪府は12日、11月29日に開催を予定していた「第10回大阪マラソン」を中止すると発表した。2011年の開始以来、中止は初めて。

 新型コロナウイルス感染症の状況等を踏まえ、ランナーはじめ沿道観衆、ボランティアなど多くの人が参加する大会の性質上、「スタート時やコース、沿道等での密閉、密集、密接状態を回避することは困難であり、安全、安心の確保が十分にできない」(大会組織委員会)との判断に至った。

 大阪マラソンの参加者ランナーは約3万人に上る国内最大規模の大会。例年、1万人の運営ボランティアが参加していた。