過去のメジャートーナメントにおいて列強国の代表チームでは一体誰が栄光の10番を背負ってきたのか。歴代の担い手たちはどんな結果を残してきたのか。10番の価値や意味合いなど各国の事情に触れながら、紹介する。

 ここで触れるのは、数多くのファンタジスタを輩出してきたイタリアだ。

―――◆―――◆―――

 アッズーリのヌメロ・ディエチ(イタリア語で「10番」の意)は、いわば「ファンタジスタの歴史」だ。

 古くは魔法の左足を持った奇才オマール・シボリをはじめ、69年にバロンドールを受賞した司令塔ジャンニ・リベーラ、94年W杯でほぼ独力でチームを決勝に導いたロベルト・バッジョ、そして06年W杯で世界制覇を成し遂げたフランチェスコ・トッティは、いずれも技巧と創造性で違いを作る偉大なファンタジスタだった。


 その系譜に連なるアレッサンドロ・デル・ピエロはしかし、98年W杯ではバッジョ、EURO2000ではトッティに主役の座を奪われ、10番を担ったメジャー大会では期待外れ。スーパーサブの06年W杯では7番だった。

 近年はチーム力と並行して10番もスケールダウンが否めず、10年W杯ではセリエA得点王だったアントニオ・ディ・ナターレが低調。アントニオ・カッサーノもEURO12こそマリオ・バロテッリとの悪童コンビで決勝進出に貢献したが、14年W杯ではノーインパクトに終わった。

 17年に10番を継承したロレンツォ・インシーニェは、当初こそ不慣れな左サイドハーフで結果を残せずにいたが、18年5月のロベルト・マンチーニ政権発足後は最も得意な左ウイングで躍動。先のEURO予選でも4試合で3ゴール・1アシストを記録した。来夏の本選では真価が問われることになる。




 以下は、主なメジャー大会でイタリア代表の10番を背負った選手たちと大会成績だ。DFでは唯一の10番であるジャチント・ファッケッティ、プレーメーカーのデメトリオ・アルベルティーニやチアゴ・モッタなどの名前も刻まれている。

◆イタリア代表のメジャー大会における歴代ナンバー10◆

1954年W杯本(大会出場) ジーノ・カペッロ(FW/34歳/ボローニャ)
大会成績:1試合・0得点・0アシスト

1962年W杯(本大会出場) オマール・シボリ(FW/26歳/ユベントス)
大会成績:2試合・0得点・0アシスト

1966年W杯(本大会出場) アントニオ・ユリアーノ(FW/23歳/ナポリ)
大会成績:0試合・0得点・0アシスト

1968年EURO(優勝) ジャチント・ファッケッティ(DF/25歳/インテル)
大会成績:3試合・0得点・0アシスト

1970年W杯(準優勝) マリオ・ベルティーニ(MF/26歳/インテル)
大会成績:6試合・0得点・0アシスト

1974年W杯(本大会出場) ジャンニ・リベーラ(MF/30歳/ミラン)
大会成績:2試合・1得点・1アシスト

1978年W杯(4位) ロメロ・ベネッティ(MF/32歳/ユベントス)
大会成績:6試合・1得点・0アシスト

1980年EURO(ベスト8) ジャンカルロ・アントニョーニ(MF/26歳/フィオレンティーナ)
大会成績:3試合・0得点・0アシスト

1982年W杯(優勝) ジュゼッペ・ドッセーナ(MF/24歳/トリノ)
大会成績:0試合・0得点・0アシスト

1986年W杯(ベスト16) サルバトーレ・バーニ(MF/29歳/ナポリ)
大会成績:4試合・0得点・0アシスト

1988年EURO(ベスト8) ルイジ・デ・アゴスティーニ(MF/25歳/ユベントス)
大会成績:4試合・1得点・0アシスト

1990年W杯(3位) ニコーラ・ベルティ(MF/23歳/インテル)
大会成績:4試合・0得点・0アシスト

1994年W杯(準優勝) ロベルト・バッジョ(FW/27歳/ユベントス)
大会成績:7試合・5得点・0アシスト

1996年EURO(GS敗退) デメトリオ・アルベルティーニ(MF/24歳/ミラン)
大会成績:3試合・0得点・0アシスト

1998年W杯(ベスト8) アレッサンドロ・デル・ピエロ(FW/23歳/ユベントス)
大会成績:4試合・0得点・1アシスト

2000年EURO(準優勝) アレッサンドロ・デル・ピエロ(FW/25歳/ユベントス)
大会成績:6試合・1得点・1アシスト

2002年W杯(ベスト16) フランチェスコ・トッティ(FW/25歳/ローマ)
大会成績:4試合・0得点・2アシスト

2004年EURO(GS敗退) フランチェスコ・トッティ(FW/27歳/ローマ)
大会成績:1試合・0得点・0アシスト

2006年W杯(優勝) フランチェスコ・トッティ(FW/29歳/ローマ)
大会成績:7試合・1得点・4アシスト

2008年EURO(ベスト8) ダニエレ・デ・ロッシ(MF/24歳/ローマ)
大会成績:3試合・1得点・0アシスト

2010年W杯(GS敗退) アントニオ・ディ・ナターレ(FW/32歳/ウディネーゼ)
大会成績:3試合・1得点・0アシスト

2012年EURO(準優勝) アントニオ・カッサーノ(FW/29歳/ミラン)
大会成績:6試合・1得点・1アシスト

2014年W杯(GS敗退) アントニオ・カッサーノ(FW/31歳/パルマ)
大会成績:2試合・0得点・0アシスト

2016年EURO(ベスト8) チアゴ・モッタ(MF/33歳/パリSG)
大会成績:4試合・0得点・0アシスト


※リストは本選出場の大会のみで、ワールドカップは固定番号制が導入された1954年大会以降。ワールドカップのチーム成績は出場国が16か国以下だった1978年大会まで、ベスト8に勝ち上がれなかったケースはすべて「本大会出場」に。年齢と所属クラブは大会開幕時。GS=グループステージ。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年6月4日号より転載