ドナルド・トランプ米大統領は5日(日本時間6日)、自身のツイッターを更新。NFL屈指のQB、セインツのドリュー・ブリーズが人種差別への抗議行動として国旗に向かって膝をつく選手に不快感を示した後、多くの批判を受けて謝罪した一連の騒動に言及し、「元のスタンスを変えるべきではなかった」と苦言を呈した。

 ブリーズは3日のインタビューで「米国国旗を軽視する人間には絶対に賛同しない」と発言した。しかし、人種差別反対行動に異を唱えたとしてチームメートのマルコム・ジェンキンスやNBAレイカーズのレブロン・ジェームズらの批判が殺到。一夜明けた4日、自身のインスタグラムで「私のコメントで傷つけた方々に謝罪したい」、「今、この国が直面している問題を考えれば完全に的外れだった」などと自らの非を認めた。

 トランプ大統領はこの日更新したツイッターで「私はドリュー・ブリーズの大ファンだ。彼が偉大なクォーターバックの一人であると心から思う」と前置きしつつ「しかし、我々の高貴な米国国旗に敬意を表する元のスタンスを変えるべきではなかった」と苦言。2017年シーズンにコリン・キャパニック(当時49ers)をはじめ、多くの選手が国歌斉唱時に膝をついたことに激怒した同大統領はツイートを連投し、「我々は国旗に向かって背筋を伸ばして真っすぐに立ち、理想は敬礼、もしくは胸に手を置くべきだ。抗議の手段はほかにもある。偉大な米国国旗に対してではない。絶対に膝をつくな!」とつづった。