埼玉県で生まれ育ち、地元の名門である武南ジュニアユース、武南高とキャリアを歩んできた京都の中川風希。高校2年次にはインターハイで全国準優勝を経験した。そして一昨季は琉球でJ3優勝、昨季は横浜でJ1優勝。一見、順風満帆のサッカー人生に見えるが――。 

 ここでは小学校時代から中学、高校、さらにはスペインでプレーしていた時について語ってもらった。中川のキャリアを振り返っていこう。

――◆――◆――

――サッカーを始めたきっかけは?
「親父が野球をやっていたので、(僕にも)野球をやらせたかったらしいです。ただ、幼稚園にはサッカークラブしかなくて、とりあえずスポーツをする意味でサッカーを始めました」

――小さい頃から攻撃的なポジション?
「バラバラです。小学生まではアタッカーで、中学から高1まではCBを中心にSBもやっていました。僕は絶対にディフェンスの選手じゃないと思っていたんですけど、当時のコーチに言われて……。そのあと高2でトップ下、高3でFWとしてプレーするようになりましたね」

――攻撃的な印象が強いので、CBでのイメージが沸かないですね。
「なぜCBだったのか自分でも分からない(笑)。ただ、ずっと試合には出させてもらっていました」

――高校は埼玉の強豪の武南高に進学しましたね。
「武南に進学しても試合に絡めないと思って、正直行きたくなかった。でも武南のジュニアユースでずっと主力で出させてもらっていたので、周囲から『高校も武南に行かなきゃやばい』と圧を受けていたような気がしました(笑)」

――実際に入学してみてどうでした?
「部員が1学年で80人くらいいて、3学年トータルでは200人を超えていました。『すげーところに来ちゃったな』と。試合に出始めたのは高3です」

――高2までは試合に絡めなかった?
「高2の時にチームがインターハイで全国準優勝したんですけど、当時、同級生が5人くらいスタメンで出ていて、ベンチでは2年生が僕だけでした。すごくもどかしくて、悔しかったですね。何もできていないと思いながらの準優勝でした」


――高3次の選手権では埼玉県大会の準決勝で敗れました。夢だった選手権へは出場できず、切り替えに苦労したのでは?
「選手権出場が夢だったので、その後のことは何も考えられなかったです……」

――ただ、大学でもサッカーを続けましたよね。
「なんとか練習参加を経て関東学院大に入れたんですけど、入学してすぐ前十字靭帯を切ってしまって。大学は1年の途中で辞めちゃいました」

――その後、スペインでプレーした経緯を教えてください。
「小さい頃から海外でプレーしてみたいと思っていて。大学を辞めた時、怪我でサッカーのモチベーションは下がっていたんですけど、ちょうど高校の後輩がスペインに行くと言っていているのを聞いて、再びやる気が出ましたね。すぐに留学をサポートしてくれる会社に行きました」

――親の反応は?
「母親には自由にしなさいと言われたんですけど、父親には反対されました。ただ、何度も話し合いをして最終的に僕の意思が固かったので、認めてくれました」

――実際にスペインでプレーした感想は?
「最初、練習に参加した時は『想像していたスペインのレベルじゃない』と思いました。もちろんみんなが働きながらサッカーをしていた6部のチームだったということもありますが、技術は僕のほうが高かったです。ただ、いざ試合になると何もできない。身体がでかくてリーチもある。そこで『海外ってこういうことか』と少し楽しくなってきて、いろんな試行錯誤を重ねました」

――具体的には?
「とにかく数字にこだわる。得点を取らないと認められないというか、パスが来ない。だからリターンも来ないんです。そこで個人で打開する力が身に付いたと思います」

――スペインの2年目は5部のチームでプレーしていたとお聞きしました。
「はい。ただ給料は貰えなかったのでアルバイトで生計を立てていました。正直しんどくてスペインでここからお金が貰えるまで上に行くには厳しいなと」

――その後、琉球に加入するきっかけは?
「スペインから帰国する時は日本でプロじゃなくてもいいからサッカーを続けたいと思っていました。ただ、たまたま当時J3の琉球に練習参加できると聞いて、とりあえず行ってみたら、今までにないほど練習で調子が良くて。監督もすごく気に入ってくれて加入に至りました」


――琉球には17年から所属し、18年にはJ3優勝&J2昇格を中心選手として経験しました。大きな財産になったのでは?
「加入して間もない時から起用してもらいましたし、なにより日本のプロリーグでスタメンとして試合に出場できていたのは自信が生まれました。それに琉球のサッカーは楽しかったです」

――翌19年の3月にJ1の横浜へ引き抜かれました。優勝を経験したとはいえ、リーグ戦の出場はわずか3試合。開幕後の移籍ということもあって、馴染むのに時間がかかりましたか?
「そうですね。それと横浜のレベルは高かったですね。求められるサッカーの質が高かったですし、要求も多かった。苦労しました」

――とはいえ、残っていれば昨季よりも環境に馴染めたはずですし、ACLとの過密日程を考えても、出番が増えたかもしれません。
「それでも客観的に見て、自分が横浜のレベルに達していなかったと思います」

――そこで京都へ活躍の場を移したと?
「ありがたいことに、いくつかのクラブに声を掛けてもらって。中でも京都の熱というか気持ちが伝わったので決めました」

――京都は今季から新スタジアムで戦いますが、ホーム開幕戦を次戦に控えたなかでのリーグ中断でした。
「サンガスタジアムの第1号を決めてやろうと、めちゃくちゃ楽しみにしていたんですが……。この状況なので仕方ないです」

――最後になりますが、6月27日にJ2リーグが再開される予定です。目標は?
「個人としては10得点・10アシストと言っているんですが、チームが結果を残せなければ意味がないので、自分の活躍で京都をJ1に昇格させるのが最大の目標です」

――◆――◆――

PROFILE
中川風希 なかがわ・かざき/1995年7月3日生まれ、埼玉県出身。175センチ・68キロ。大牧SS―武南Jrユース―武南高―関東学院大―バジェスカ(スペイン)―サン・イシドロ(スペイン)―琉球―横浜。J1通算3試合・0得点。J2通算4試合・0得点。J3通算42試合・17得点。軽やかな身のこなしで攻撃にスパイスを加えるアタッカー。足もとの技術が高く、思い切りのいいシュートも大きな武器だ。一昨季は琉球でJ3、昨季は横浜でJ1制覇。今季は別カテゴリーでの3年連続優勝を目指す。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)