ワールドカップやアジア最終予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップといったメジャーな大会ではなく、マイナーな大会や親善試合においても日本代表の名勝負は存在する。ともすれば歴史に埋もれかねない“隠れ名勝負”を取り上げる短期集中連載。第6回は2004年、ジーコジャパン時代のチェコ戦を振り返る。(文●飯尾篤史/スポーツライター)

――◆――◆――

 日本代表の強化にとって、贅沢な時代だった。日韓ワールドカップからドイツ・ワールドカップまでの4年間に繰り出した海外遠征は、ワールドカップ予選やアジアカップ、コンフェデレーションズカップといった公式戦を除いても7回。敵地でルーマニアやハンガリー、イングランドやウクライナと対戦し、世界における現在地を確かめた。

 インターナショナルマッチウイークにワールドカップ予選がびっしりと組まれ、欧州がUEFAネーションズリーグを始めた今となっては、夢物語のようだ。

 そんなジーコジャパン時代の海外遠征において、とりわけ印象深いのが2004年4月に行なわれたプラハでのチェコ戦である。

 2か月後のEURO2004でベスト4に進出する強豪から金星を挙げた事実もさることながら、ひとりのストライカーが放ったインパクトがあまりにも強烈だったのだ。

「ドラゴン」こと、久保竜彦――。

 野性味溢れるレフティがブリュックナー監督率いるチェコの面々を唖然とさせるのは、32分のことだった。

 稲本潤一からのパスを右サイドで受けた久保が、ゴール目掛けてドリブルを開始する。目の前に現われたDFウイファルシを深い切り返しでかわし、中に切れ込んで左足を振り抜くと、弾丸シュートがチェコゴールに突き刺さる。これが、この試合の先制ゴールにして、唯一のゴールとなった。

 トルシエ時代は14試合に出場してノーゴールだった久保だが、ジーコが監督に就任すると、代表チームにおける存在感を少しずつ高めていく。

 04年2月のドイツ・ワールドカップ・アジア1次予選のオマーン戦では、終了間際にチームを救う決勝点をマークした。チェコ戦の3日前に行なわれたハンガリー戦でもDFの背後を取って同点ゴールを蹴り込んでいる。

 欧州組を最上位とする選手選考によってチーム内に漂い始めた閉塞感に、久保はその左足で風穴を開けたのだ。


 ハーフタイムに7人もの選手を交代したチェコが、EURO2004に向けたテストモードだったことは間違いない。しかし、久保の豪快な一撃が炸裂したのは、ネドベドやロシツキー、コラーやバロシュらベストメンバーが揃っていた前半なのだ。その意味でも、大きな価値を持つゴールだった。「日本がこんなに強いとは思わなかった。びっくりさせられた」と、ロシツキーも完敗の体だった。

 久保は5月30日のアイスランド戦でも2ゴールをマークし、エースの座を確かなものとしたかに思われた。だが、腰痛や足首の負傷が悪化したため、05年は日本代表での出場はゼロに終わる。


 それでも指揮官の久保への評価は高かった。06年に代表復帰を果たし、ゴールを決めた2月のインド戦のあと、ジーコは「ゴールを決めることにかけては類まれなる才能を持っている。日本の核になると期待している」と、ドイツ・ワールドカップの構想に久保が入っていることを示唆したのだ。

 だが、最終的にジーコは久保の選出を見送った。ぎりぎりまで待ったものの、久保のコンディションが戻らなかったことは、ジーコにとって最大の誤算だったに違いない。プラハのピッチで久保が放った輝きは、それほど可能性に満ちたものだったのだ。

文●飯尾篤史(スポーツライター)