川崎フロンターレが5月31日に公式ツイッターを更新。公開されたDF車屋紳太郎の自宅の寝室を紹介する動画が「おもしろすぎる」と反響が集まっている。

 川崎は現在、クラブのツイッターやインスタグラムで、選手会が発案したという企画、“川崎SNSリレー”を実施している。『頑張って全員の顔を出そうシリーズ』と題し、新型コロナウイルスの影響で思うように外出ができず、選手の顔も見られないファンに向け、選手がそれぞれ企画を考え、自宅で自由に撮影した動画を公開。これまで、FWレアンドロ・ダミアンやMF長谷川竜也、MF大島僚太などの動画が続々と投稿されている。

 31日に新たに公開された動画には、車屋が登場し、自宅の寝室でベッドに寝そべり、「携帯をいじったり、テレビを見たりしている」と普段の過ごし方を説明。さらに、「寝るってなったら電気を消して、これ(枕)を毎回投げる。そして寝るっていうのが毎回のルーティーンです」と実演を織り交ぜ、なんとも特殊な就寝前のルーティーンを明かしている。

 その後も寝室の電気スタンドを紹介した際には、3つあるソケットに電球が一つしかつけられていないことに、「みなさんはなんで一個って思うかもしれないですけど、まぁ僕も同じ気持ちです」と発言した。

 車屋のシュールな小ボケに、チームメイトのMF中村憲剛も「ワールド全開すぎて朝から震える。毎日見たい」と反応。ファンからもツッコミや絶賛の声などのコメントが寄せられている。

「急に枕を投げた瞬間、吹き出してしまいました」
「やっぱり先生は最高です」
「おもしろすぎる笑」
「なんかわからないけど見てて元気が出てきた」
「枕ぶん投げたのめっちゃ笑った」
「先生平常運転で安心した」
「紹介動画を観たのに、むしろ謎が深まるという…」
「先生キャラ健在」

 車屋はブログのユニークさが評価され、尊敬を込めてファンから“先生”と呼ばれている。車屋ワールド全開の動画に、「元気をもらった」というファンからの感謝の声が多く届いている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】川崎フロンターレの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!