静岡県内のJリーグ4クラブの選手によるプロジェクト「One Shizuoka Project」主催の対戦型ゲームで技を競う「eスポーツ」の大会が、30日にあった。SNSで募集した県内のファンと各チームの選手がペアを組み、オンラインの静岡ダービーで熱戦を繰り広げた。

 人気のサッカーゲーム「ウイニングイレブン」で4チームのペアが対戦。トーナメント方式で計4試合が行われた。試合はユーチューブで生配信され、約600人が視聴した。

 決勝はJ2磐田ペアとJ3藤枝ペアの顔合わせ。カテゴリーが違い、普段は見られない対戦は、藤枝が4―2で勝利した。参加した藤枝の清本拓己選手は「自分で選手を動かせる試合が新鮮で楽しめた」。ペアを組んだ藤枝のファンは「選手と一緒にプレーできて、貴重な体験になった」と話していた。(戸田和敬)