日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は22日、新型コロナ対策連絡協議会を開き、7月の興行再開に向け、出場する選手に試合の3週間前と前日に抗体検査を行うことを決めた。スタッフら関係者にも行うかどうかは一両日中に検討するとした。

 ウイルス感染歴などを調べる抗体検査は精度に課題があると言われているが、JBCの安河内剛事務局長は「感染リスクをゼロにはできないと思うが、限りなくゼロに近づける最大限のことの一つ」と説明した。

 また、一部興行主から要望のあった観客を会場に入れた興行開催には慎重論が出て、原則無観客での開催のみ認める方針とした。