日本相撲協会執行部は22日、無観客での開催を目指す7月場所(同19日初日、両国国技館)に向け会議し、週明けに首都圏の緊急事態宣言が解除された場合でも、引き続き不要不急の外出や出稽古を禁止することを確認した。

 電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「協会は独自の予防線をひいていく」と説明。この日、各部屋には改めて感染予防策の徹底を継続する旨を通達した。