プロレスラーで元参議院議員の大仁田厚が20日、自身のツイッターを更新。東京高検の黒川弘務検事長(63)が新聞記者と賭けマージャンをした疑いがあると、週刊文春デジタルが報じたことを受けて、ハッシュタグ「#噂の黒川検事長賭け麻雀」を付けて投稿した。

 「ダメだろ黒川さん それに『ステイホーム期間中』の出来事なのだ 麻雀は限りなく三密だろう 起訴する側の人が不適切な行動なのだ 国民には外出を極力避けようなんて大声で叫んで置いて国家公務員が自らやぶるなんて国民は許さないと思うぜ! 賭博行為は立派な法律違反なのだ」と訴えた。

 大仁田は続けて投稿。「ハニトラがどうかは?分かりませんが週間文春が報道しています!文春も裏を取っての報道ですから!だって相手は検察ですから しかも新聞社の記者さんたちとの麻雀ですから どうもこうも?今後の展開を見てみましょう どう反論するか!黙りを決めるか?」とつづっている。