イングランド1部のアーセナル、J1名古屋などで監督を務めたアーセン・ベンゲル氏(70)が、無観客試合が数か月以上続いた場合に「サッカーにダメージを与える可能性がある」と警告した。17日に英紙「ミラー」が、カタールのスポーツ専門チャンネル「beINスポーツ」によるベンゲル氏へのインタビューの内容を報じた。

 現在は国際サッカー連盟(FIFA)、国際サッカー評議会(IFAB)の要職を務めるベンゲル氏。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として行われる無観客試合について、「長期的ではなく、短期的な解決策だ。だが、シーズンを決定する最良の方法となる。7月中旬までに私たちが完全に安全になるとは誰も信じていない」と話した。

 リーグ終盤で中断している欧州の多くのリーグが残り試合を消化するため、無観客試合がベストな方法だと理解を示した一方で、「数か月先まで続くと試合に悪影響を及ぼす。私はそれを確信している」と警鐘を鳴らした。

 フランス、オランダ、ベルギーなどが今季リーグ戦の再開を断念。ドイツは16日から無観客試合で再開したが、同国の当局は今年中に観客をスタジアム入れた試合を開催する可能性は低いと警告している。

 一方、英国の複数メディアによると、プレミアリーグは来季まで無観客試合での開催を想定。英政府はワクチンが完成するまで、スタジアムに観客を入れることはできないとしている。