プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)統一王者・井上尚弥(27)=大橋=が18日、株式会社MTG(本社・愛知県名古屋市、松下剛代表取締役社長)のEMS(筋電気刺激)を中心としたトレーニングブランド「SIXPAD(シックスパッド)」のアスリートサポートパートナーとして、パートナーシップ契約を締結したと発表した。井上もこの日、インスタグラムなどで「自由にトレーニングができない今だからこそ自宅でSIXPADのサポート!」と新型コロナウイルス感染拡大で外出が制限される中でのトレーニングとして歓迎している。

 井上がさらなる高みを目指すべく、新たなトレーニング方法を模索する中、EMSの活用に注目。自ら「SIXPAD」に声を掛けたことから縁ができたという。連絡を受けたMTGは、井上に近未来型EMSトレーニング・ジム「SIXPAD STATION」を体感する場を設定。初めてのEMSトレーニングで確かな効果を実感した井上は、自身のトレーニングに本格的に取り入れることを決めた。オフの時間でも、ベルト型など家庭用EMS製品を使用するほか、SIXPADが現在開発中のサウナスーツもトレーニングに採用しているという。

 鍛え抜かれた肉体を持つ井上にとって、軽いトレーニングでは負荷がかかりにくいが「SIXPAD」のEMSトレーニングには効果を実感したそうで、当初は「これは、本当にすごいですね。めっちゃキツい。もう二度とやりたくない!(笑い)」とまさかの“ギブアップ”。それでも「普段使わない筋肉を刺激できているのが実感でき、今までにないトレーニング効果が期待できそうです」と手応えをつかんでいる。

 この日、井上はインスタに寄せられたコメントなどに関し「皆さん!!!これを使えば痩せますか?って質問が多々ありますが、楽して痩せようなんて甘い考えはダメですよ(バッテンを作る人の絵文字)最低限の運動は必ず必要ですし、ボクも毎日のトレーニングの補助でSIXPADを活用しています。皆さんも運動後や今日は運動が出来なかったなって日に活用してみて下さいね」(原文まま)とリプライしている。

 井上尚弥「『SIXPAD』からサポートをいただくことになり、世界NO.1を目指すという共通の夢に向かって、共に歩んでいくことを楽しみにしています。僕の自宅やジムにも、『SIXPAD』を導入していただいたので、オフの時間での『家トレ』もはかどると思います。ここまで、幸いなことに世界王者のタイトルを獲得してきましたが、僕の夢はまだまだこれからで、道はどんどん険しくなってくると思っています。さらに良いボクサーになるために、より効率的なトレーニングを追求していきます」