3月22日に65歳で亡くなった立ち技系格闘技「K-1グランプリ」初代王者ブランコ・シカティック氏の追悼大会「CHAKURIKI 6 ~Branko Cikatic Memorial~」が17日、都内で開催された。

 大会は、ドージョー・チャクリキ・ジャパンが主催し、新型コロナウイルスの感染拡大で無観客で行われ、同日午後7時から動画サイト「You Tube」で世界生配信された。

 試合前に追悼セレモニーが行われ、ドージョー・チャクリキ・ジャパン甘井もとゆき代表らが弔辞を読んだ。また、アントニオ猪木氏、ドージョーチャクリキのトム・ハーリック会長、同じジムで後輩だったピーター・アーツらがビデオで追悼メッセージを送り、最後は、天国のシカティック氏へ追悼の10カウントゴングをささげた。

 猪木氏は「ご冥福をお祈りします」と追悼し、シカティック氏から生前、「猪木さんがいたから格闘家が飯を食えるようになった」と感謝された秘話を披露し「私をを信頼してくれました。いい人生だったと思います」と功績をたたえていた。

 シカティック氏は、1954年10月3日、クロアチアのスプリトで生まれた。1993年4月30日に代々木第一体育館で行われたK-1グランプリに参戦し決勝戦でアーネスト・ホーストをKOで破り初代K-1王者となった。

 強烈な右ストレートは「伝説の拳」と評される破壊力を誇り、94年12月に一度引退するが、97年3月のムサシ戦で現役復帰。K-1では11戦し6勝(6KO)5敗の戦績を残した。97年10月11日には東京ドームで行われた総合格闘技イベント「PRIDE.1」に参戦するなど総合格闘技のリングでも活躍した。

 引退後は、クロアチアにジムを開設。さらに要人を警護する警備会社を経営しているほか、格闘技イベントを開催していたが、2018年に肺塞栓症および敗血症のために入院。クロアチアの有志たちによって入院費を援助する募金活動が行われていたが、その後、パーキンソン病を発症していたという。ドージョーチャクリキジャパンの関係者によると、最期はクロアチアのソリンの自宅で家族にみとられて65年間の生涯を閉じた。