DDTプロレスの「DDT TV SHOW! #3」(DDT TV SHOWスタジオ)が16日、動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE(DDT UNIVERSE改め)」で、放送された。

 “浪速のロッキー”こと赤井英和の娘・赤井沙希(33)は、セミファイナルでの“七番勝負第6戦”で、安納サオリ(29)=フリー=を破り、3勝3敗のタイに持ち直した。

 この一戦に敗れれば、最終戦を待たずして負け越しが決まってしまう赤井は、いきなりビッグブーツの連発で先制。安納は場外戦に持ち込んで、イスを使って反撃。その後、激しいエルボー合戦から、安納が延髄斬り、ジャーマン連発で決めにいくも、赤井はカウント2でクリア。すぐさま立ち上がった赤井はハイキック、新人賞をたたき込むも、安納はフォールを許さず。ならばと、赤井はケツァル・コアトルで丸め込んで3カウントを奪取し、前哨戦のタッグ戦(9日放送)で、安納に負けた借りを見事に返した。

 赤井は「安納さん、ずっと対峙してて、他団体だけど意識してた。安納さんみたいに、強くて、かっこよくて、華のある人が、もっと女子プロレスを引っ張っていくべき。女子プロレスを引っ張っていきましょう」とマイク。お互いを認め合った両者はガッチリ握手を交わした。そして、赤井は退場する安納に向かって、「もう1回、どこのリングでもいいからやりましょう!」と投げかけた。

 さらに、赤井は「こういう状況で、なかなか前と同じペースでプロレスができない。プロレスラーにできることは、皆さんに元気をあげること。七番勝負で勝ち越して、DDTを、世間を元気にしたい」とアピールした。

 バックステージで、安納は「赤井さん、ずるい。あんなにきれいで、強くて、性格よくて、なんなの。私は沙希さん好きです。試合が決まって、赤井さんの本気を感じたかったから意地悪なことを言った。負けたけど、また試合がしたい」とコメント。

 赤井は「女子はこういう方が楽しい。こういうきれいな子がプロレスしてる方が。先頭に立ってもらいたい。安納さんが6戦目でよかった。いろんなタイプの選手がいて、世界の女子プロレスがあって、タイプはさまざま。非現実の世界があって、いろんな女子プロレスを見てほしい。次最後、大御所? どえらい人を用意してる? 勝ち越して、『デビューのときから変わって、がんばってるんや』というのを見せたい」と最終戦での勝利を誓った。赤井のコメント中には、安納が再び現れ、「次組めたらいいね」と美女タッグ結成も口にした。

 七番勝負最終戦の対戦相手について、今林APは「さいたまSAで予定していましたが、現時点では未定。必ず最終戦にふさわしい選手を用意します」と述べた。