国際サッカー連盟(FIFA)は15日、日本が立候補している2023年の女子W杯開催地を6月25日にオンラインによる理事会で投票により決定することを発表した。

立候補しているのは日本、ブラジル、コロンビア、オーストラリアとニュージーランド共催の4つで来月25日に開催地が決定する。また、23年大会から出場枠が24カ国から32カ国に増枠することも決まった。

女子W杯開催地を決める理事会は当初、6月にエチオピアのアディスアベバで行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響により延期されていた。