前例のない状況に率直に不安な気持ちです。新型コロナウイルスの恐ろしさをニュースなどで知り、長期戦になることも十分ありえるかなと感じています。とにかく少しでも早く世界中が平和に収束して元の生活に戻ることを祈るばかりです。

 基本的には「ステイホーム」。自分を守るため、大切な人を守るため、不要不急の外出は控えています。が、家の中でできる練習や鍛錬、例えば体をほぐすストレッチや体幹を鍛えるトレーニングなどは毎日やっています。また、人の少ない時間帯と場所を考慮したうえで、リフレッシュも兼ねて散歩やジョギングもしています。自宅から少し離れれば、交通信号やコンビニもない田舎なので人と出会ったりすることもめったにないですから。

 ただ、こんなにも長い時間、シューティングや対人の練習ができないことは初めて。試合感覚がなくなるのではと不安も感じます。

 今季のBリーグは残り試合が全て取りやめになりました。結果としてB1残留となりましたが、手放しに喜ぶことはできません。プロ選手である以上、最後まで試合をしたかったというのが本心です。結果を出して残留を勝ち取り、仲間やスタッフ、ブースターと喜び合いたかったです。終盤戦に向けチームをつくりあげていた時期だったので、よけいに悔しい気持ちですね。

 移籍して1年目の今季、キャプテンを任せてもらい、自分の中で探りながらやってきたという感覚。いつものシーズンよりチームのことを考える時間が長く、いつも最善の手段・方法を考えてプレーしていました。連敗が続いた時などチームが壊れそうな場面にはダメージを最小限に抑えようと努力しました。

 (収束後は)とにかくみんなが幸せを感じる世界になっていることを願っています。いま苦しんだ分、つらい分、その分だけ強く明るい未来になっていることが今の希望ですね。

 スポーツにはみんなを幸せにする力があると思っています。スポーツの持つ力で島根に、全国に、世界に勇気を与えられるように、今はその時が来るまで辛抱したいと考えています。(構成・杉山高志)

 やました・やすひろ 明治大から東芝、ライジングゼファー福岡を経て島根スサノオマジックに。ポジションは司令塔のポイントガード(PG)。「1日の最初のシュートは決める」を心がけている。187センチ、81キロ。松江市在住。