3月22日に65歳でなくなった立ち技系格闘技「K―1グランプリ」の初代王者ブランコ・シカティック氏の追悼大会「CHAKURIKI 6 ~Branko Cikatic Memorial~」が17日、開催される。

 大会は、ドージョー・チャクリキ・ジャパンが主催し、無観客で開催する。大会の模様は、17日の午後7時から「You Tube」で限定配信する。

 メインイベントでは、プロレスラーの将軍岡本がキックボクシングルールに初挑戦して天承山と対戦する。ドージョー・チャクリキ・ジャパンの代表であるノブ ハヤシは西島洋介とミックスルールで特別試合を行う。他に藤原喜明、天田ヒロミ、青木真也、鈴木悟、ロッキー川村らが参戦。シカティック氏を追悼する10カウントゴングも行う。

 シカティック氏は、1954年10月3日、クロアチアのスプリトで生まれた。1993年4月30日に代々木第一体育館で行われたK―1グランプリに参戦し決勝戦でアーネスト・ホーストをKOで破り初代K―1王者となった。

 強烈な右ストレートは「伝説の拳」と評される破壊力を誇り、94年12月に一度引退するが、97年3月のムサシ戦で現役復帰。K―1では11戦し6勝(6KO)5敗の戦績を残した。97年10月11日には東京ドームで行われた総合格闘技イベント「PRIDE.1」に参戦するなど総合格闘技のリングでも活躍した。

 引退後は、クロアチアにジムを開設。さらに要人を警護する警備会社を経営しているほか、格闘技イベントを開催していたが、2018年に肺塞栓症および敗血症のために入院。クロアチアの有志たちによって入院費を援助する募金活動が行われていたが、その後、パーキンソン病を発症していたという。ドージョーチャクリキジャパンの関係者によると、最期はクロアチアのソリンの自宅で家族に看取られて65年間の生涯を閉じたという。

 シカティック氏追悼大会の全カードは以下の通り。

 ▼第8試合 メインイベント(キックマッチ ヘビー級 3分3回戦)

将軍岡本 vs 天承山

 ▼第7試合 セミファイナル(MMA バンタム級 5分2回戦)

清水俊一 vs 拓也

 ▼第6試合 特別試合(3分2回戦ミックスルール)

天田ヒロミ vs 西島洋介

 ▼第5試合 プロレスリングマッチ(30分1本勝負)

藤原喜明 vs 松本崇寿

※特別セコンド/藤原敏男

 ▼第4試合 プロレスリングマッチ(30分1本勝負)

青木真也 vs 鈴木悟

 ▼第3試合 プロレスリングマッチ(20分1本勝負)

ロッキー川村 vs 田馬場貴裕

 ▼第2試合 グラップリングマッチ(ウェルター級5分2回戦)

飯塚優 vs 佐野直

 ▼第1試合 キックボクシングウェルター級(3分2回戦)

竜義 vs HIROKI