1991年夏場所3日目の5月14日、大横綱・千代の富士(当時35歳)が1991年5月14日、引退した。初日に18歳の大関・貴花田(のちの横綱・貴乃花)との初対戦で寄り切られ、この日は小結・貴闘力のとったりに敗れて2敗目。同日午後8時10分から会見を開き、涙ながらに「体力の限界…、気力もなくなり、引退することになりました」と話して土俵生活に終止符を打った。奇しくも大横綱・大鵬が引退した20年後のことだった。

 通算1045勝、角界初の国民栄誉賞にも輝いた千代の富士は「飛行機に乗せてあげる」と誘われ中3で上京した。70年秋場所で初土俵を踏み、81年名古屋場所後に58人目の横綱に昇進。筋肉質の体に激しい気性、鋭い眼光で「ウルフ」の愛称がついた。優勝は81年初場所に関脇で初優勝から31回。53連勝をマークするなど輝かしい実績を残した。引退を決意するきっかけとなった貴花田との対戦前には、報道陣に「みんなが、もっと盛り上げなきゃ。いいことだよ。初日からできるなんて」と煽るような言葉も残していた。若手の台頭を受け止め、のちに「悔いはない。もうのんびりしたいよ」と本音も出た。

 功績から一代年寄を打診されたが、「部屋を一代限りで終えたくない」と辞退。陣幕を経て九重を襲名し大関・千代大海らを育てた。しかし2016年7月31日、すい臓がんのためこの世を去った。