大相撲の幕内・琴恵光(28)=佐渡ケ嶽=が14日、新型コロナウイルス感染症により13日に28歳で亡くなった高田川部屋の三段目力士・勝武士(しょうぶし、本名・末武清孝)さんを悼んだ。

 ともに2007年春場所が初土俵だった。同期生との突然の別れとなり、日本相撲協会を通じて、「正直驚きました。本当にショックです」とコメントした。

 同じ二所ノ関一門でもあり、連合稽古などでもよく顔を合わせていた。勝武士さんの人柄について、「真面目な性格。(稽古に対しても)とにかく真面目にやっていました。同期会などでは盛り上げ役で、みんなを楽しませてくれて、人を喜ばせることが好きだったと思います。(自分が)幕内に上がった時に反物をつくって渡したら、それをすぐに浴衣にして着てくれた。それがすごくうれしかった。優しい同期生です」と残念がった。

 先月8日に都内の大学病院に入院してから、1か月以上の闘病だった。「最後まで諦めずに頑張ったと思います。今はゆっくり休んでほしい。これからは、自分たちが胸を張って土俵に上がっている姿を見守ってほしい」と話した。