スポーツクライミングの野中生萌は4日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を更新し、クライマーにありがちな衝撃のエピソードを披露した。競技する上で「指の皮がなくなるまで登ってしまうと出血することはもちろんなんですが、その手前で指紋が消えてしまうぐらいなくなる」とあるある話を説明し、海外での入国審査で指紋を取る際には「なかなかうまく通らなくて時間がかかることはよくあるので、いつも検査の前には緊張している」と語った。他にも指の皮が薄過ぎて熱いものが持てないことも紹介している。

■野中生萌選手「クライマーあるある」の音声は【こちら】から。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額900円(税抜)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net