高田川部屋の幕内・竜電は、自身の付け人を務め、山梨・竜王中の後輩でもあった勝武士さんと、タブレット端末越しに悲しみの対面をした。力士に対して相撲協会から外出禁止が出ており、また、感染予防のためで、関係者が明かした。

 竜電は、新型コロナ感染症からの回復を願っていたがかなわず。大きなショックを受けながらも気丈な様子だったという。