日本相撲協会は13日、高田川部屋に所属する西三段目82枚目の勝武士(本名・末武清孝)さんが同日午前0時30分、新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、都内病院で死去したと発表した。28歳だった。協会員の新型コロナウイルス感染による死去は初めて。4月10日に角界初の陽性と判定され、同19日から集中治療室で治療を受けていた。同部屋では師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)らも感染した。国内でのコロナ禍による20代の死亡は初めてとみられ、現役プロスポーツ選手でも初めてと衝撃は大きい。

 1カ月以上、新型コロナと闘い、勝武士さんは天国に旅立った。28歳の若さで無念としか言いようがない死だ。

 協会発表によれば、都内の医療機関が逼迫(ひっぱく)した時期と重なったことが悲運だった。4月4日から高熱が続く中、保健所に電話してもつながらず、病院の受け入れ先はなかなか決まらなかった。同8日夜に都内の大学病院に入院し、翌9日に状態が悪化し別の病院に転院。同10日に角界で初の陽性と判明した。同19日から集中治療室(ICU)で治療したが、13日午前0時30分、息を引き取った。

 角界入り14年、最高位は東三段目11枚目。関係者によれば糖尿病の持病があった。陽気な性格でお酒好き。愛される人柄だった。巡業などで禁じ手を面白く紹介する「初っ切り」の名手で、2月の花相撲でも披露し大いに沸かせていた。

 八角理事長(元横綱北勝海)は広報を通じて「協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。1カ月以上の闘病生活、ただただ苦しかったかと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠ってほしいと思います」と冥福を祈った。

 ついに角界から出た死者。国内のプロスポーツ選手では初めてで、いまだ開幕していないプロ野球、再開のめどの立たないJリーグなどスポーツ界への衝撃も必至だ。

 角界の感染者はこれまで7人。協会は個人情報保護から幕下以下の力士は名前、所属部屋を公表していなかったが高田川部屋では師匠、十両白鷹山らと少なくとも3人の感染が明らかになった。15人以上の弟子を抱える、ある部屋持ち親方は「本当にショックだよ。怖い。怖さと緊張。緊張の毎日」と、さらなる恐怖感を募らせた。

 高田川部屋での稽古は当面、停止となる。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「稽古が再開できる状況ではない。葬儀の日程を決める状況でもない」と葬儀、告別式も未定だ。

 師匠をはじめ同部屋関取の幕内輝、竜電、十両白鷹山も対応は難しい。同部長は「(高田川部屋は)取り込んでいる状況。師匠も一番最初から入院している子(勝武士さん)のことが気がかりでどうしようもない状況だったと思う。しばらくはそっとしてあげておいてほしい」と弟子、同僚を亡くした悲痛な心中を思いやった。