東京六大学野球連盟は13日、オンラインで臨時理事会を開き、今春リーグ戦を8月へ再延期して開催を目指すことを発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受け、5~6月にかけての試合実施を断念。今後も情勢を見守りつつ、1回戦総当たり方式での公式戦実現を模索していく。

 学生野球の大会中止が相次ぐ中、天皇杯を下賜されている東京六大学野球リーグは春の戦いへ全力を尽くす。「やれる可能性があったらやりたいというのが6校の全員の意見」と東京六大学連盟の内藤雅之事務局長。8月と季節は夏になるが、“春の公式戦”として準備を進める方向性を固めた。

 4月5日の臨時理事会では、当初の4月11日から5月下旬へ開幕をずらし、2戦先勝の勝ち点制から、1946年春以来の1回戦総当たり方式への変更を決めており、同方式での開催を目指す。

 ただし、リーグ戦へ向けては緊急事態宣言の解除と、各チームの大学構内での練習再開が大前提だ。日本最古の大学野球リーグとして内藤事務局長は「こういう形だったらできますよということの代表になるようなことも踏まえて」と、他連盟への“開催モデル”の意味合いも込めた判断だったと明かした。

 8月に開幕予定だった全日本大学野球選手権の中止が決まり、日程的に神宮球場が使えるようになったのも大きい。すでに同球場とヤクルト球団には申し入れ、使用が承認されたという。今後は8月12~20日での開催を目安に状況を注視し、遅くても7月には開催可否を再協議する方針だ。