日本相撲協会は13日、高田川部屋に所属する三段目の勝武士幹士さん(本名・末武清孝)がコロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため死去したことを発表した。28歳だった。

 訃報を受け、愛知医科大学の三鴨廣繁氏は出演したTBS系「ゴゴスマ」で「非常にお若い。これから期待できる力士だったと思いますが、重症になる日数は平均的。お相撲さんは糖代謝障害とかをお持ちの方が多いので、そういったことが関係していた可能性があるが、怖いですね」と述べた。

 また、アスリートは免疫力が高いというイメージを問われると、「激しい稽古をした後、対戦した後はかなりエネルギーを使い、免疫機能が低下している。この力士もおそらく、稽古して免疫機能が低下しているとき、ウイルスに罹患したと考えられます」と語った。

 三鴨氏はプロ野球とJリーグの「新型コロナウイルス対策連絡会議」の専門家チームのメンバー。

 勝武士さんは高熱のため4月8日に都内の大学病院に入院。症状が悪化し同9日に大学病院に転院し、翌10日にPCR検査を受け角界で初めて新型コロナウイルスに感染が確認された。病状が悪化し、同19日から集中治療室で治療を受けていたがこの日午前0時30分、息を引き取った。