東京六大学野球連盟は13日、オンラインで臨時理事会を開いて今春リーグ戦を8月へ再延期して開催を目指すことを発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受け、5、6月にかけての試合実施を断念。今後も状況について注視しながら、開催の可能性を模索していく。

 4月5日の同会議では当初の4月11日から5月下旬へ開幕をずらし、リーグ戦方式を1946年春以来となる1回戦総当たり制へ変更することを決めていた。神宮球場とプロ野球・ヤクルトなどの了承を得て、8月を目安に同方式のまま開催へ向けて準備を進める。

 政府による緊急事態宣言が5月末まで延長されたことで現状、加盟6校は全体練習のメドが立っていない。活動再開からの試合への準備期間を考慮し、同連盟・内藤雅之事務局長は「やれる可能性があったらやりたいというのが6校の全員の意見」と判断理由を説明した。

 12日には全日本大学野球選手権が史上初となる中止となったが、全国26連盟の春季リーグ戦については各連盟の判断が尊重されていた。同大会がなくなったことで神宮球場の空きができ、日程的にも余裕がある見込みとなっている。