ワールドカップやアジア最終予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップといったメジャーな大会ではなく、マイナーな大会や親善試合においても日本代表の名勝負は存在する。ともすれば歴史に埋もれかねない“隠れ名勝負”を取り上げる短期集中連載。第2回は96年、加茂ジャパン時代のメキシコ戦を振り返る。(文●飯尾篤史/スポーツライター)

――◆――◆――

 欧州や南米の名門チームを招いて世界のトップレベルを肌で感じる――。

 1978年に生まれたキリンカップ(当時はジャパンカップ)は、日本代表の力を映し出す鑑だった。

 92年大会からは、日本と欧州、南米などの代表チームによる3か国対抗戦に変更。日本代表の強化の場として、一層欠かせない大会となる。

 92年大会ではアルゼンチン、ウェールズにいずれも0-1で惜敗し、94年大会ではフランスに1-4と大敗した。だが、加茂体制1年目の95年大会はスコットランドと0-0、エクアドルを3-0で下して3か国対抗戦になってから初優勝を果たす。

 そして、96年大会で、さらなる金字塔を打ち立てるのだ。

 国立競技場で行なわれた第1戦でストイコビッチ、サビチェビッチ、ユーゴビッチらベストメンバーを揃えたユーゴスラビアを、カズのゴールで1-0と下した加茂ジャパンは博多でメキシコを迎え撃った。

 この時、メキシコはFIFAランク12位。96年1月にはブラジルを下してゴールドカップ連覇を達成したばかり。GKカンポスやFWルイス・ガルシアら優勝メンバーが来日し、序盤から日本に対して牙をむく。

 5分にはFKからデルオルモが頭で決め、16分にはベテランのペラエスが下川健一の守るゴールを破る。

 この時点で、勝負あったかに思われた。

 だが、ここからが加茂ジャパンの真骨頂だった。

 33分、相馬直樹のクロスに走り込んだ森島寛晃が、代表初ゴールを豪快に蹴り込むと、これが反撃の狼煙になった。

 後半開始早々の46分、森島のシュートをカンポスが弾いたところをカズがプッシュして同点。さらに82分には相馬がFKをクイックリスタート、黒崎比差支とのワンツーで抜け出し、右アウトサイドで流し込んで逆転に成功。ゲーム終盤を迎え、集中を欠いたメキシコの隙を突く賢いプレーが、値千金の決勝ゴールを生み出した。



「6月1日に向けて良いアピールになったと思う」とは相馬。3日後には2002年のワールドカップ開催国の決定が予定されていた。その後押しとして、日本代表がいかに成長しているかをアピールしたというわけだ。実際には2日後に韓国との共催に落ち着くのだが。

 国際Aマッチで0-2から逆転したのは戦後初めてのこと。ベルリンの奇跡――1936年ベルリン五輪のスウェーデン戦以来の大逆転劇に、博多の森球技場を埋めた1万7000人のサポーターは酔いしれた。

「正直言って驚いている」との試合後の加茂周監督のコメントが、いかに偉大なアップセットだったかを物語っている。

 だが、悲しいかな、加茂ジャパンはこの痛快な勝利を境に徐々にバイオリズムを下げていき、この年秋のアジアカップ準々決勝でクウェートの軍門に下ると、“ゾーンプレス”に適さない3-5-2を導入するなど、迷走に入るのだった。

文●飯尾篤史(スポーツライター)