J1浦和のMF柏木陽介(32)が12日、オンラインで取材に応じた。現役でのプレーを「38歳くらいまでやりたい」と明かし、今年3月に誕生した第1子の長男に「サッカーをやっている姿を目に焼き付けてほしい」と思いを語った。

 「(当初は)サッカー人生、そんなに長くなくてもいいと思っていた」という柏木だが、チームの活動休止中に妻の実家がある仙台で子どもとともに過ごすうちに、心境に変化が生まれた。「自分を見つめ直せる時間」と振り返り、子どものためにもあと6年間、現役を続ける決意が芽生えた。

 昨季は負傷が重なり出場機会が減少。今年は悔しさを晴らすように練習に取り組み、「若い選手と競争し、試合に出て活躍できたら、どれだけ楽しいことだろうか」と新たなモチベーションも得た。「サッカーに没頭し、後悔のないように引退したい」。全力で現役生活を駆け抜ける。