Jリーグは5月12日、今季から始まった『2020Jリーグシャレン!アウォーズ』の各賞に受賞したクラブを発表した。

『2020Jリーグシャレン!アウォーズ』の“シャレン”とは社会連携の略で、これまで全国のJクラブは、年間2万5000回を超えるホームタウン活動を行なってきた。日頃から各クラブが行なってきた地域課題の解決に向けた活動や、多くの協働者との連携、発信力や繋ぐ力など、Jクラブの持つ価値を発揮した素晴らしい活動を称え、各賞の受賞クラブを表彰した。

「ソーシャルチャレンジャー賞」は大宮アルディージャとFC東京の2クラブが受賞。大宮はノーマライゼーションの普及を目的とした「手話応援デー」、FC東京は誰もが取り残されない社会の実現を目指した「少年院の少年たちの社会復帰サポート活動」が評価された。

 また「パブリック賞」は、市民の健康・介護予防を目的に「ヴォルティスコンディショニングプログラム(SIB)」という活動を実施した徳島ヴォルティス、「メディア賞」は芝生生産プロジェクトの「芝生で地域課題解決!『しばふる』で街も人も笑顔に!」を行なったガイナーレ鳥取が受賞した。

 さらに、発達障害に対し社会の偏見や誤解を払拭し、誰もがスポーツや旅行を楽しめる社会の実現に向けての取り組み「発達障がい児向けサッカー×ユニバーサルツーリズム」活動に挑戦した川崎フロンターレが、「Jリーグチェアマン特別賞」に輝いている。

 なお本来は関係者等を招き、表彰を行なう予定であったが、新型コロナウイルス感染予防のため、イベントは中止となった。後日Webにて「2020Jリーグシャレン!アウォーズ番外編、ロッカールームトーク」をクラブ、協働者や参加者、活動に興味のある方を招待して実施。各クラブの活動の詳細については、専用公式ホームページにて発表するとしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部