ボクシングの前WBO世界女子ミニマム級王者・佐伯霞(23)=真正=が、今月2日に大阪市内の病院で第1子を出産していたことを所属ジムが11日に発表した。3070グラムの男児で母子ともに健康。佐伯は「出産は想像より遙かに痛くて、ボクシングより痛かった。一段落つけば、復帰に向けて頑張ります」とコメントを出した。

 アマチュア時代に強豪の近大で活躍した佐伯は、大学を中退して18年にプロデビューし、昨年4月に世界王座を獲得。その後一般男性と結婚し、出産のために王座を返上した。出産を無事に終え、ママとしての返り咲きを目指す。