日本相撲協会は11日、横綱白鵬(35)=宮城野=が日本とモンゴルの医療従事者や施設などに合計2万5000枚のマスクを寄贈することを発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で日本、モンゴルともにマスク不足の市民を援助する。マスクは44度目優勝を果たした先場所、受け取った懸賞金で購入した。

 白鵬のコメントは以下の通り。

 「三月の無観客場所で私自身、本当に祈りながら15日間土俵に上がりました。あの場所で土俵を全うできたのは、自分だけじゃなく、テレビの向こうから応援を送っていただいたファンのみなさんをはじめ、まわりで支えてくださる方々がいたからこそだと感じています。そこでこの場所で頂いた懸賞金を使って世の中のために何かできないかと考えていたところ、モンゴルの関係者から、『マスクが不足している』と連絡をもらいました。そして日本でも医療従事者や一般の方々の間でまだまだマスクが不足しているという話を聞きました。

 五月場所は残念ながら中止となりましたが、私は稽古やトレーニングなど自分のやるべきことをコツコツと続けています。食事でも野菜を多めにしてビタミンをとり、弱酸性次亜塩素酸水の消毒スプレーを常に持ち歩き、感染防止に努めています。みなさんも毎日、マスクをつけての生活で自粛も続き、ストレスもあると思いますが、みんなで力を合わせて乗り越えましょう!」