9日(日本時間10日)に米フロリダ州ジャクソンビルで無観客試合として開催されたUFC249でユライア・ホール(35=ジャマイカ)と対戦予定だったジャカレ・ソウザ(40=ブラジル)が、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たため、試合が消滅したことがUFCの公式サイトで発表された。

 ジャカレは複数回の検査で1回陽性反応が出たもので、セコンドに付く予定だったコーナーマン2人も陽性反応が出たため、自主隔離することになった。UFCの医師団が3人を診察したところ、無症状だったという。

 また、同大会に出場予定の選手で、他に陽性反応が出た選手はいないという。

 日本ではホナウド・ジャカレイという呼び名でも知られるジャカレは、2000年代に入るとブラジリアン柔術やグラップリングで世界的に知られるようになった。柔術の世界大会やアブダビ・コンバットを制し、ホジャー・グレイシーとのライバルストーリーはよく知られている。

 2003年にブラジルのジャングルファイトでデビュー。初戦こそジョルジ・パチーユ・マカコにKO負けしたが、その後は順調に白星を積み重ね、08年には日本のDREAMに参戦。ミドル級グランプリで決勝に進出したが、決勝でゲガール・ムサシにKO負け、準優勝に終わった。

 翌09年、米ストライクフォースに転戦。11年にはティム・ケネディを破ってストライクフォース世界ミドル級王者となったが、ルーク・ロックフォールドに敗れて初防衛に失敗した。

 13年に団体がUFCに統合され、UFCに参戦。ミドル級のランキング上位に長く名を連ねていたが、タイトル挑戦のチャンスには恵まれなかった。昨年11月にはライトヘビー級に階級を上げたが、ヤン・ブラホビッチに判定負け。今大会でミドル級に復帰するはずだった。

 もともと持ち合わせていたグラップリングの強さに加えて打撃も向上したことで、これまで元UFCミドル級王者のクリス・ワイドマン、同ライトヘビー級王者のヴィトー・ベウフォートをはじめ、ゲガール・ムサシ、岡見勇信といった強豪を撃破してきた。

 ワニ(ジャカレ)のような態勢で入場し、リングをのし歩くパフォーマンスでも人気を博している。