国際大会が次々と中止になっていた3月、卓球の代表選手たちは驚くほど前向きだった。

 「私にとっては悪いことじゃないかな。しっかりやり込んだ練習ができる」と27歳のベテラン、石川佳純(全農)。20歳の平野美宇(日本生命)も「自分でコントロールできないこと。気にしても意味がない」とした上で、「いっぱい練習ができる。(試合がない)期間が長いと、新しいことに挑戦しやすい」。

 ポジティブになれる背景には、従来のスケジュールではオフシーズンがほぼなかったという、卓球特有の事情がある。コロナ禍で生まれた空白は、石川が「こんなに試合がないのは初めてかも」と語るほどだ。

 世界中を転戦する「ワールドツアー」は1月に開幕し、12月まで連戦に次ぐ連戦。これに出続けないと、五輪出場権にかかわる世界ランキングが維持しにくい。さらに合間に世界選手権や全日本選手権、ワールドカップ(W杯)、Tリーグ、賞金大会などがあり、昨年20以上の国際大会に参戦した石川は「朝起きて、どの国にいるんだっけ?っていうことが何度かありました」と苦笑する。

 試合が続けば、実力を底上げするための練習は難しい。石川は「『できるまでやり込む』っていうじっくりした練習が今まで難しかった。試合が近いと、うまくまとめないといけないので」。

 日本勢は東京五輪のメダル有力候補には違いない。だが、中国勢が飛び抜けているというのが実情だ。その存在感は圧倒的で、五輪過去8大会計32個の金メダルのうち、28個を中国勢がさらっている。2020年夏も、王者との差を埋められないまま迎える可能性が高かった。

 実際、五輪延期を受けて日本男子のエース、16歳の張本智和(木下グループ)は「準備しなければいけない課題がまだまだあると焦っていた」と明かした。

 実戦感覚が鈍るのは痛いが、過去にないほどじっくりと練習に打ち込める異例の時間は、遠かった中国との距離を詰める好機でもある。

 例えば昨秋、伊藤美誠(スターツ)が約1カ月にわたって大会に出場せず、練習に専念したことがあった。「本当に、すごく充実していた」。思い切った調整が奏功。この時期を境に飛躍し、初の五輪シングルス切符を手に入れている。

 平野が言う。「試合ばかりでできなかったことにどんどんチャレンジして、幅を広げたい。去年は『ここはできるけど、ここは時間がない』って時があったけど、全体的にレベルアップできるチャンス」

 残り1年3カ月。王者中国の背中に、手が届くかもしれない。