新日本プロレスは8日、所属選手のオカダ・カズチカ(32)が新型コロナウイルス災害対策支援金として日本財団災害復興特別基金(新型コロナウイルス緊急支援)に個人として500万円を寄付したと発表した。寄付は新型コロナウイルス対策の最前線で活動している主に医療従事者の活動基金として活用される。

 オカダは新日本プロレスを通じて「また超満員のお客さんの中で、たくさんの声援の中で試合ができる日が1日でも早く戻ってくれることを願っています。いつもは応援される側ですが、今は医療従事者の方々が戦ってくれていることを応援したいと思っております。不要不急の外出は自粛するなど、1人1人の意識を高めこの状況を一緒に乗り越えましょう」とのコメントを発表した。オカダは過去にもがんで闘病中の子どもをサポートするため、自身の必殺技の名をつけた「レインメーカー基金」を立ち上げるなど、社会問題解決に取り組んでいる。