ドイツ・リーグは7日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していた1、2部リーグを16日から無観客で再開すると正式に発表した。

リーグ側は当初、各クラブへ15日からの再開方針を示していたが、全36クラブが参加した7日の会合で16日再開に落ち着いた。

1部リーグは第25節終了時点でバイエルン・ミュンヘンが勝ち点55で首位。ドルトムントが同51で2位、ライプチヒが同50で3位、ボルシアMGが同49で4位と続いている。

中断が明ける16日にMF長谷部誠とMF鎌田大地のフランクフルトはボルシアMGとホームで対戦。FW大迫勇也のブレーメンは18日にレーバークーゼンを本拠地に迎える。

1部リーグ第26節の日程は以下の通り。

16日(土)

15時30分(日本時間22時30分)

ドルトムント-シャルケ

ライプチヒ-フライブルク

ホッフェンハイム-ヘルタ

デュッセルドルフ-パーダーボルン

アウクスブルク-ウォルフスブルク

18時30分(日本時間17日1時30分)

フランクフルト-ボルシアMG

17日(日)

15時30分(日本時間22時30分)

ケルン-マインツ

18時(日本時間18日1時)

ウニオン・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

18日(月)

20時30分(日本時間19日3時30分)

ブレーメン-レーバークーゼン

(高橋智行通信員)