昨季限りで現役を引退した元オランダ代表FWのアリエン・ロッベン氏が、ブラジルで現役復帰する可能性が囁かれている。

 米スポーツチャンネル『Fox Sports』南米版は、日本の本田圭佑に続き、「交渉を続けているヤヤ・トゥーレやオビ・ミケルなどに次ぐビッグネーム獲得を諦めていない」と報じている。

 これはボタフォゴのマーケティングを担当している副社長のリカルド・ローテンバーグ氏が、ジャーナリストであるチアゴ・フランクリン氏のYoutubeチャンネル『TFChannel』に出演したことで明かされた。

「我々はロッベンと接点を持ち、彼は喜んでいた。その時はいい返事をもらえなかったが、バイエルンでは我々が擁する選手の給料の3倍をもらっていたようだよ。だが、彼はとてもクラブを熱心に研究してくれていた。サントスとボタフォゴのことを知ってくれていたよ。私は小さいことは考えていない。ヤヤやロッベンのようなビッグネームを連れてくるのが目的なんだ。彼らとはこの事態が収束した後、あらためて交渉するつもりだ」

 ロッベン氏は現在36歳。これまでにアヤックス、チェルシー、レアル・マドリーと各国のビッグクラブを渡り歩き、バイエルンで現役生活に幕を下ろした。

 ブラジルでも新型コロナウイルスの影響で国内リーグは中断している。再開のめどは立っていないが、本田とバイエルンのレジェンドが肩を並べてプレーする日が訪れるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部