柔道男子代表の井上康生監督(41)が6日、YouTubeのライブ配信で、男子60キロ級五輪3連覇の野村忠宏氏(45)、シドニー五輪100キロ超級銀メダルの篠原信一氏(47)とオンライントークを行った。新型コロナウイルスの影響で東京五輪が来夏に延期となり練習自粛が続いているが、井上監督は「やれることを一つ一つコツコツとやっていくしかない。目標を持って日々を送り、力を合わせながら戦っていきたい」と決意を語った。

 憧れだった篠原氏に「幻滅した」というエピソードも明かした。01年に体重無差別の全日本選手権決勝で当時3連覇中だった篠原氏に初勝利。悲願の初制覇も果たしたが、「残り30秒まで自分が優勢で焦ったのか、篠原さんが発した言葉が『内股掛けてこい』だった」と“陽動作戦”を笑いながら暴露した。

 篠原氏は内股への返し技・内股透かしを得意としているが、「これが勝負師。勝ちたければ内股で投げてみろと…」と弁明。その手に乗らなかった井上氏は「表彰式でも『何で内股を掛けてこうへんねや』と言われた」と笑いながら述懐した。