フランス紙レキップが6日、パリサンジェルマンは週明けの月曜日にも練習を再開せず、ストラスブールは12日から選手を招集すると報じた。

同紙によると、パリサンジェルマンは、外出制限が解除されても「練習を再開しないだろう」という。集まる人数は最大10人までと制限されることもあっての判断とみられる。選手個々は、クラブから送られるプログラムを個人で練習することになりそうだと伝えた。ただ、チャンピオンズリーグが8月に再開される場合に備え、練習再開は6月中になるとの見通し。

一方で、日本代表GK川島永嗣が所属するストラスブールについて、同紙は、12日から練習再開の予定と報じた。選手は、検査を経て、練習参加の許可が下されるシステムで、練習前には体温測定なども行う。練習では、接触を避けるため、「十分な広さのゾーンで、6人のグループごと」の練習になる。リーグ・アンの開幕は、8月22、23日に予定されている。

(松本愛香通信員)