J1神戸のFW田中順也(32)が6日、オンラインを通じた報道陣の取材に応じ、自身が昨年8月に立ち上げたアパレルブランド「CEUEU(セウエウ)」で布製マスクを販売し、諸経費を差し引いた収益全額を神戸市が実施する「こうべ医療者応援ファンド」に寄付することを発表した。

 田中は「いちサッカー選手として、社会にどうにか元気を与えられないかという思いを持っていて、社会貢献をしたいなという感情があった」と説明。知人の医療従事者から医療現場の状況を直接聞く機会があったといい、「テレビの報道とはまた違って、本当に苦労されている。目に見える形で寄付をさせてもらうのが一番の激励になるかなと思った。医療従事者の方々に何としてもエールを送りたくてこの活動を初めた。いろんな方々の力を集めさせていただいて、その思いを責任をもって届けたい」と真摯に語った。

 マスクは3枚セットで2000円(税別)。布製のため洗濯可能で、色はライトブルーとピンクの2色。約1500枚を販売予定で制菌加工素材を使用している。この日午前から「CEUEU」のウェブサイト(https://ceueu.jp/)で販売されている。