フィギュアスケート男子で、五輪2連覇王者の羽生結弦(25)=ANA=が6日、日本スケート連盟の公式ツイッターを通じて、ファンへ、5分を超える大作動画のプレゼントを送った。

 冒頭で「2011年3月11日から今までの僕とプログラムたちの道のりです」と話し、歴代のプログラムの振付を披露した。11年の「White Legend」に始まり、11-12年シーズンの「悲愴」と「ロミオとジュリエット」、12-13年の「ノートルダム・ド・パリ」、14年ソチ五輪のSPである「パリの散歩道」、フリーの「ロミオとジュリエット」、14-15年の「オペラ座の怪人」、14-15、16年の「The Final Time Traveler」、15-16年の「天と地のレクイエム」、16-17年の「レッツ・ゴー・クレイジー」と「ホープ&レガシー」、平昌五輪のSP「バラード第1番」、エキシビションの「ノッテ・ステラータ」、18-19年のSP「秋によせて」と、フリー「Origin」。そして「春よ、来い」、最後に自身の代名詞となっているプログラム「SEIMEI」で締めくくった。

 「Origin」や「レッツ・ゴー・クレイジー」では髪型も変えるなど細かな部分も再現。3つパートに分けられた合計5分11秒に及ぶ大作動画で、コロナ終息の祈りを込めた。