フランス紙レキップは欧州選抜と世界選抜(欧州外の選手)を作成し、公式サイトでオールスター戦のアンケートを実施した。

チーム別ではレアル・マドリード、リバプール、パリサンジェルマンから最多4選手。続いてマンチェスター・シティーから3選手、ユベントスから2選手、バルセロナ、アトレチコ・マドリード、チェルシー、ドルトムント、ナポリから各1選手が選ばれている。

5日時点の各ポジションの投票結果は以下の通りだが、欧州選抜が8勝で、3勝の世界選抜を上回った。

この中で注目カードはメッシ対エムバペだったが、メッシが得票率66%で現在の市場価値ナンバーワン選手エムバペに勝利して健在ぶりをアピールした。

【欧州選抜対世界選抜アンケート(システム:4-3-3)】

◆GK

オブラク(スロベニア=Aマドリード)53%

アリソン(ブラジル=リバプール)47%

(約99400票)

◆DF(右サイドバック)

アレクサンダーアーノルド(イングランド=リバプール)86%

アクラフ(モロッコ=ドルトムント)14%

(約99000票)

◆DF(センターバック)

ファンダイク(オランダ=リバプール)46%

バラン(フランス=Rマドリード)26%

マルキーニョス(ブラジル=パリサンジェルマン)16%

クリバリ(セネガル=ナポリ)12%

(約184200票)

◆DF(左サイドバック)

ロバートソン(スコットランド=リバプール)45%

マルセロ(ブラジル=Rマドリード)55%

(約99400票)

◆MF

ベッラッティ(イタリア=パリサンジェルマン)66%

バルベルデ(ウルグアイ=Rマドリード)34%

(約98000票)

◆MF

カンテ(フランス=チェルシー)84%

カゼミロ(ブラジル=Rマドリード)16%

(約98600票)

◆MF

デブルイネ(オランダ=マンチェスターC)77%

ディバラ(アルゼンチン=ユベントス)23%

(約97900票)

◆FW

エムバペ(フランス=パリサンジェルマン)34%

メッシ(アルゼンチン=バルセロナ)66%

(約98500票)

◆FW

ロナウド(ポルトガル=ユベントス)86%

アグエロ(アルゼンチン=マンチェスターC)14%

(約101900票)

◆FW

スターリング(イングランド=マンチェスターC)21%

ネイマール(ブラジル=パリサンジェルマン)79%

(約98100票)

(高橋智行通信員)