元格闘家でタレントの高田延彦が6日、自身のツイッターを更新。緊急事態宣言を31日まで延長すると発表した4日の安倍晋三首相の記者会見に触れた。

 「一昨日は単なる延長報告会。フワッとし過ぎて、、中身はスカスカだが得意の形容詞連発!妙に国民に謝罪と謝意を、、肝心要な出口戦略に関しては避けた。何故延長なのか?どうすれば解除なのか?数字での分かりやすい説明は不可欠でしたね。一律給付追加は?休業補償の追加にも触れず、愛がないんだよ!」

 安部首相は「責任を痛感している」と陳謝すると同時に、国民に理解と協力を呼び掛けていた。

 このツイートに対して「『愛がない』にまったく同意です。この政府は美辞麗句ばかりで心がない」「かつて美徳とされてきた、思いやり、助け合い、労りといった精神が失われてきているような気がします」「高田さんのツイートには、心や心根や愛を感じる」といったコメントが寄せられた。

 高田は前日の投稿で「人の思想を右だ左だ勝手に決めんな!昔から俺には特定支持政党は無し!選挙投票には必ず行ってるがその都度決めて投票してる」とした上で、「時の権力者がやってる事に納得出来なきゃ批判するのは当たり前、これは国民に与えられた権利よ」と訴えている。