「プロレス・全日本」(5日、会場非公表=無観客試合)

 無観客試合のテレビマッチが放送され、新しい仲間の参戦を予告していた元WRESTLE-1の芦野祥太郎が、古巣のユニットEnfants Terriblesの盟友だった羆嵐と合体した。

 2人は、芦野の呼び掛けに応じて対戦相手に名乗りを上げていたジェイク・リー、岩本煌史組と対戦。芦野のレスリング技術と羆嵐のパワー殺法で岩本を長時間捕らえるなど優位に試合を展開し、最後は芦野がアンクルロックで岩本を仕留めた。

 試合後、芦野は「これがオレが言っていた仲間だよ。アイツらにも匹敵するデカさだよ」と羆嵐を紹介。「ジェイク・リー、岩本煌史、すばらしいね。やっててめちゃくちゃ楽しい。新しいもんと触れるのは、自分自身がどんどん成長しているのを感じる戦いをできている」と充実感をにじませた。

 続けて「オレが戦いたいのはジェイクだけじゃない。三冠(ヘビー級)王者諏訪魔、前三冠王者宮原健斗、ゼウス、いっぱいまだまだいいるでしょ。石川修司もいる。オレは全方位と戦っていきたい」と、全日本の大型選手の名を列挙して宣戦布告。羆嵐も「オレもその全日本の戦いに身を投じていくからよ。オレのパワーはすごいぞ。初めて全日本のデカいヤツらが宙を舞うかも知れないぞ」と不敵な笑みを浮かべた。