イングランド・サッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長は、新型コロナウイルスの影響により来季も無観客で開催される可能性があると示唆した。4日付の英BBC放送電子版が伝えた。

新型コロナウイルスの影響で中断しているプレミアリーグが再開された場合は、無観客で開催されることが決まっている。また、10会場までを使用する中立地開催案も出ている。この案に、ブライトンなどの一部クラブが反対しているという。

同会長は「事態がどのように進展するのかわからない」と困惑している。さらに来季も無観客での開催が継続されることを懸念している。「試合の生命線でもある観衆が、すぐに戻ってくると予想することは困難だ」と、サポーターを入れた試合開催は考えられないと話した。