プレミアリーグの99-00年シーズン得点王で元イングランド代表FWのケビン・フィリップス氏(46)の妻ジュリー夫人(49)が殺人未遂容疑で逮捕されたと4日、英メディアが一斉に報じた。

報道によると、5月2日夜にスタッフォードシャー州リッチフィールドで20歳の若者をナイフで刺したとして現場にいた他男性2人と現行犯逮捕された。刺された若者は重体で、フィリップス氏夫妻の娘の知人だとされる。2日間の拘留後、同夫人は釈放された。

英紙ミラーによると、ジュリー夫人は「私は目撃者でした。法的な理由でこれ以上は言えない」と無実を主張。しかしロックダウン(都市封鎖)中に若者グループと接触しており、社会的距離を保っていなかったと批判されている。フィリップス氏は「妻は事件の目撃者であり、起訴されずに釈放された」とコメント。一部で事件に関係した男性1人とジュリー夫人が不倫していたのではないかという指摘について「それらはまったくナンセンス」と強く否定していた。