東京ヴェルディに所属する大久保嘉人が5月4日、自身のインスタグラムを更新。人気俳優と始めたというチャレンジ動画を投稿して、ファンからは「凄い」「やっぱ天才っすね」などと反響を呼んでいる。

 大久保は「俳優の佐野岳くんとはじめた #がっくんよっくんチャレンジ がっくん、よっくんからのそれぞれのお題をやってみてね!できたら、#がっくんよっくんチャレンジ をつけて投稿してね~」と綴り、以前から親交があり、『仮面ライダー鎧武』の主演などで一躍人気俳優となった佐野岳と始めたというチャレンジ動画を投稿した。

 その第1回目の内容は、ペットボトルをボール代わりにゴミ箱へ蹴り入れるというもの。まず「がっくんからのお題にチャレンジ!」という動画で大久保が挑戦したのは、立てたペットボトルに足裏で5回タッチしてから、ラボーナで5m先のゴミ箱に蹴り入れるという、なかなかの難題。これを大久保はサンダル履きながらも、鮮やかに決めてみせる。

「続いて『よっくん』からのお題を公開!」と題して流した映像では、ペットボトルを一度またいでから、そのままヒールキックでゴミ箱を狙うというもので、これも華麗な足さばきで見事に決めている。

 この動画には南アフリカ・ワールドカップやアテネ五輪で日本代表としてともに戦った松井大輔がいち早く反応し、「うまなったなあ」とやや上から目線のコメントを寄せると、大久保は「やってみて!」と返信。さらに、同じく日本代表のチームメイトだった長友佑都からも松井と同様に「うまなったなあ」とコメントが寄せられ、これに大久保は「マジやってみろ!何回目でできたか教えて!笑」と返している。

 動画を見たファンからも「やっぱ天才っすね!」「かっこいい」「さすが!」「上手すぎ」などと称賛の声が上がっている。これが1回目の“#がっくんよっくんチャレンジ”だが、今後どのようなチャレンジ動画が公開されるのか注目だ。

 また、佐野も高校時代までサッカーを続けており、愛知県選抜では宮市亮とのプレー経験も。自身のインスタグラムでは、やはり鮮やかなラボーナでペットボトルを“イン”させている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部