4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表、タレントなど総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、Jリーグウォッチャーとしておなじみ、J1からJ3まで幅広い試合を観戦し、スポーツ番組のMCやゲストコメンテーターとしても活動している平畠啓史氏の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 システム、戦術云々ではなく華のあるチームを作ってみた。能力の高すぎる選手同士でコンビネーションが生まれ、チームの戦術へと昇華していくだろう。

 GKは川口能活。日本サッカーを代表する守護神だ。両サイドバックはヨーロッパの舞台でも活躍する酒井宏樹と長友佑都を。日本代表でも欠かせない存在だ。闘莉王の得点力はインパクト大。でも11人の中で、最初に頭に浮かんだのは井原正巳。これまでの、日本人ディフェンスのイメージを覆した。体当たり的な守備ではなく、スマートなプレーぶりだった。外国人枠が3人ではなかったら、MVPを獲得したヴェルティ川崎のペレイラも入れたかった。


 ボランチは世界への扉を開いた中田英寿と世界に誇れる遠藤保仁。攻撃的なポジションの選手は、Jリーグの歴史に欠かせない選手を選出した。たくさんの夢を見せてもらったし、Jリーグの中で海外、世界を感じさせてくれた。

 監督に選んだ西野朗は、実績十分。そして、テクニカルエリアでの佇まいにも華がある。

 レオナルド、イニエスタ、マルキーニョス、香川真司……。もう考えだしたらきりがない。でも、考えるのはなかなか楽しい。Jリーグは中断中なので、こんなことを考えて過ごすのも悪くない。

 ちなみに、思い入れのある選手はストイコビッチですねー。見ていて楽しくて、ちょっと危険な香りがする選手。最高です。

PROFILE ひらはた・けいし/68年8月14日生まれ、大阪府出身。芸能界屈指のサッカー通でスポーツ番組MCなどでも活躍。

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より転載。一部、加筆・修正。

【画像】現役選手、解説者、タレントたちが厳選! Jリーグ歴代ベストイレブン