日本相撲協会が夏場所(24日初日、東京・国技館)を中止する方向で検討していることが3日、複数の協会幹部への取材でわかった。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が延長される見込みの4日に臨時理事会を開いて最終決定するとみられる。角界では計7人の感染が確認されている。

 本場所が中止されれば、旧両国国技館の修理工事が遅れたことが原因だった1946年夏場所と八百長問題が原因の2011年春場所に続き3度目。今年3月の春場所は無観客で開催していた。この夏場所は通常開催を目指しつつ、中止や無観客開催も視野に検討してきた。